1960年のHeddonカタログ

0

    〜 Heddonカタログ 1960年から 〜

     

    59年前のHeddonカタログを見ていたら興味深い事が書かれていました。

    訳はgoogle翻訳を使ったりしているので、なんとなくですが とても面白い。

     

    - 魚は音や振動を感じる -

     

    魚は音を聞きます。かつてこの声明は長い議論を呼び起こしましたが、科学は説得力のある発見を明らかにし、「ソニック」ルアーの実用化は魚が振動や音を検出するという優れた漁獲記録を通して証明するのに役立ちました。過去に、魚による内耳の使用はバランスのためだけであると主張されていました。この議論は反証されました。
    すべての漁師は、人間のように魚に外耳がないことを知っていますが、人間のように魚が2つの部分の内耳を持つことを知っている人はほとんどいません。 1つの部分は、平衡またはバランスのためです。もう1つは、実際の聴覚用の音検出器官です。科学者は、魚が通常、音の振動を感知または感じて耳や脳に伝達する2つの方法を示しています。 1つの方法を図Aに示します。水流、圧力、音の振動が魚を押し付けます。これらは、響板として機能する空気袋に伝達され、次に、骨構造を介して、または魚の耳に直接伝達されます。これは人間によく似ています。魚が振動を検出する2番目の方法を図Bに示します。

     

    Fish do  hear sounds. At one time statement would have aroused lengthy argument, but sienes has revealed convincing discoveries, and practical application of the "SONIC" lure has helped prove through its outstanding fishcatching record that fish do detect vibrations or sounds.It was argued in the past that the use of its inner ear by a fish was for balance only.This argument has been disproved.all fishermen know that fish have no outer ears as humans do, but few know that fish, like man, have an inner ear of two parts.
    One part is for equilibrium or balance. Tha other is the sound detecting organ for actual hesring. Scientists have shown two ways in which a fish normally senses or feels sound vibrations and transmits them to its ear and/or brain.

    魚は音を聞きます。かつてこの声明は長い議論を呼び起こしましたが、科学は説得力のある発見を明らかにし、「ソニック」ルアーの実用化は魚が振動や音を検出するという優れた漁獲記録を通して証明するのに役立ちました。過去に、魚による内耳の使用はバランスのためだけであると主張されていました。この議論は反証されました。
    すべての漁師は、人間のように魚に外耳がないことを知っていますが、人間のように魚が2つの部分の内耳を持つことを知っている人はほとんどいません。 1つの部分は、平衡またはバランスのためです。もう1つは、実際の聴覚用の音検出器官です。科学者は、魚が通常、音の振動を感知または感じて耳や脳に伝達する2つの方法を示しています。 1つの方法を図Aに示します。水流、圧力、音の振動が魚を押し付けます。これらは、響板として機能する空気袋に伝達され、次に、骨構造を介して、または魚の耳に直接伝達されます。これは人間によく似ています。魚が振動を検出する2番目の方法を図Bに示します。
    低すぎますが、彼らは魚にとって非常に重要です。これは、彼らが近くで泳いでいる他の魚を検出し、餌の攻撃または脱出のために泳ぐ方向を決定する方法であるためです。人間にはこの学部がありません。図Bに示すシステムは、魚の「側線感覚システム」と呼ばれます。これは、振動を敏感なマイクのようなニューロマストに導くトンネルが、魚の頭から尾まで体の両側に沿って走るからです。綿密な検査により、鱗には穴があり、そこから振動が入り、粘液トンネルを通過し、そこから神経マストに到達し、魚の脳に印象が送られることがわかります。科学者は、高周波聴覚システムと低周波側線システムを機械的感覚として分類しています。受信用。可聴振動、他の人は聞こえないものを受信します。

     


    ダイイングフラッターの浮き比べ

    0

      復刻のダイイングフラッターがどのように浮くのかは検証済みですが、過去の販売されたダイイングフラッターには浮き角度の違うものがありましたが、どのくらい違うのかは比べたことがないので、実際に浮かべてみました。

      左のものが現在販売されているものですが(本当はもう少し立つかな)真ん中と右は昔のものです(年代不明)

       

       

      詳しい人いたら教えてください。


      ゼルローランドのPOP-Rを透視しました

      0

         

        今回もゼルローランドが改造したPOP-Rのお話ですが、内部を見るためにレントゲンで撮影をしてみました。

        ボディに貼ってあるアルミ箔がどのように影響してしまうのか、少々不安はありましたが撮影してみたところほぼ成功ではないかと思います。下記の画像は機器に映し出された画像をスマフォで撮影したもので正確ではありません。

         

        レントゲンで撮影した画像はこんな感じ

         

        全体像がめっちゃ気になりますよね。

         

         

         


        ZELL POP-RとBOSS POPの浮き比べ

        0

          左のルアーは現在販売されているBOOYAHのボスポップです。

          ボスポップは以前エクスカリバーブランドで販売されていたゼルポップに非常に近いモデルだと思います。

          (比較をしたことが無いのでハッキリ言えませんが)

           

          気になるのでこの2種を浮かべて比較してみました。

          この浮き角度、ボスポップもなかなかいい仕事しそうですね。

           

           


          ZELL POP-RとP60の浮き比べ

          0

            ゼルローランドのPOP-Rだけで何回もブログネタにしていますが、今のPOP-Rとの比較をするならこの画像だろうなというのを載せます。この画像ならお腹のフック位置が少し前にあるのが分かると思いますし、浮き角度の差もハッキリ分かりますね。

             

             

            上記ボーンカラーと同じ箱のNewパッケージでGフィニッシュモデルを浮かべてみたらこの角の物があったので報告しておきます。

             

             

             

            下の画像は旧タイプのパーッケージです

            浮き角度で使い分けが出来るだろうな!と盛り上がっています。

             

             

             


            | 1/4PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM